今春のスウェットロッヂ

 2年に1度、スウェットロッヂの骨組みをやり変えます。今年は柳だけでなく、桑の木も使いました。

右側のバケツに新しい柳の枝が用意してあります。

4月は、ふきのとうには少し遅い時期でしたが、持って帰ってふきみそにしていただきました。

 いつも炎に焼かれて真っ赤になりながら、スウェットロッヂを支えてくれている石たち。

 写真ではわかりづらいですが、まだ入り口からは蒸気が上がっています。

中もまだ蒸気で薄ぐもり。

基本的には赤が東ですが、違う場合もあるそうです。

天井が高めで、キレイなドーム型になりました。

骨組みの柳の枝が挿し木のようになっていて、新芽があちこちに。

初めて見ましたが、 真っ白い極細繊維の、柳の綿毛です。

これが無数に飛んでいる光景は、ちょっと例えようがないぐらい幻想的でした。

いつも祈りの機会を与えてくれ、そして気付きを与えてくれるスウェットロッヂに感謝です。

今回の私のテーマは「少年期」だったようです。

セラピー&ヒーリング トリニティ 大阪 ~リコネクション*リコネクティブヒーリング*ヒプノセラピー*クリスタルボウル~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is 41 + 34 ?
Please leave these two fields as-is:
IMPORTANT! To be able to proceed, you need to solve the following simple math (so we know that you are a human) :-)