クリスマス明けの忙しさ

今年も間もなくクリスマスを迎える時期になりました。

去年の今頃だったか、クリスタルボウルのディーラーの方に教えてもらって初めて知ったのですが、

アメリカではクリスマスや誕生日のプレゼントにレシートをつけて渡す人が多いんだそうですね。

なんでも、もらったプレゼントが気に入らなかったり既に持っているものだった場合に、もらった側が

自由に返品、交換ができるようにという親切心からだそうです。

 

誕生日は、1年間にわたってだいたい分散されるでしょうが、クリスマスは1日しかありませんから、

クリスマス明けはアメリカのデパートやブランドショップなどは返品、交換で大忙し。。。

 

自分が贈った物の値段を相手に知られたくないし、また逆にせっかく贈ってくれたものを返品してしまうなんて。

習慣や考え方の違いなんでしょうが、日本人の私の感覚ではちょっと信じられない思いがします。

 

セラピー&ヒーリング トリニティ 大阪 ~リコネクション*リコネクティブヒーリング*ヒプノセラピー*クリスタルボウル~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ロズ子 c-jp より:

    こんばんは!

    私も「レシートをつけてプレゼントを渡す」「それを返品・交換する」という感覚にはなじめませんが、アメリカの方の合理的な気

    質のなせるわざかもしれないですね(しみじみ)。

    お店は忙しくて大変でしょうが、活気のある、華やいだ季節だと思います。

    冬が「寒くて暗い」だけで終わらないのは、クリスマスのおかげによるところも大きいですよね、きっと。

  2. Keiichiro Maino c-jp より:

    ロズ子さま、こんばんは。

    確かに合理的なんですが、なんだか味気ない感じがするんですよね。

    特に、どんな気持ちや考えでそれを贈ってくれたかを思うと。

    日本も、大晦日や正月のおかげで寒い冬も楽しみがあるっていう見方もできますね。

  3. ロズ子 c-jp より:

    本当にそうですね(しみじみ)。

    贈り物に心を載せているわけですものね(しみじみしみじみ)。

    クリスマスに大晦日にお正月、冬はやはり、冬至のあとの再生の季節なのでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is 67 + 63 ?
Please leave these two fields as-is:
IMPORTANT! To be able to proceed, you need to solve the following simple math (so we know that you are a human) :-)