大阪でリコネクション/リコネクティブヒーリング(2015年新資格合格)、ヒプノセラピー、クリスタルボウルをご提供しています

リコネクティブヒーリング/リコネクション

リコネクション®ジャパン

リコネクション、リコネクティブヒーリングのセミナー開催予定などの詳しい情報は、リコネクション®ジャパンのウェブサイトへ!
logo

リコネクティブヒーリングとは  

近年ヘルスケアの分野では、エネルギー・メディスン(エネルギー医療)やエネルギー・ヘルスケア、エネルギー・ヒーリングといった、エネルギーに関連する分野が注目されています。リコネクティブヒーリングは、その中でも最新のものです。

リコネクション06

リコネクティブヒーリングとは、1993年にロサンゼルスのカイロプラクティック医師であるエリック・パール博士のもとにもたらされた、今まで地球には無かった全く次元の異なる斬新なヒーリングです。

リコネクティブ周波数とも呼ばれる、全く新しい周波数帯を通して、私たちの本質と宇宙を繋げます。 この周波数を受け取ることにより、肉体、精神、霊性(魂)のバランスを取り戻すことができます。

その結果として、様々なヒーリングが起こるのです。
「何か悪いところを治す」というような次元のものではありません。

リコネクティブヒーリングのセッションについて

リコネクティブヒーリングを受けられる方は、目を閉じて仰向けで横になり、
ただ起こることを感じてください。

何も心配は要りません。 ただただ感じていればいいのです。
終了の合図など以外で、お体に手を触れることはありません。

光や色を見たり、音や声を聞いたり、香りをかいだり、温かさを感じたりするかもしれません。 あるいは何かに触れられたような感覚を体験をするかもしれません。 逆に、何も感じられないかもしれませんが、すべてOKです。

私以外の「目に見えない誰か」の存在を感じたりされる方もおられます。

あくまで、私は「送るのではなく、受け取る」という立場であり、私個人が何か特別な力で癒すのではありません。 高次の知性、あるいは普遍の知性を仲介しています。
私が個人的に、特殊な能力を持っているわけではありません。

  • 香りの強い香水や整髪料などはお避け下さい。(セッション中に香りや味などを感じたりするのを妨げないためです)
  • 施術者側が先入観を持つことが無いように、不具合のある部位や状態などのあまり詳しい情報は、事前にお伺いしないようにしています。(これはあくまで「原則として」です)
  • ほとんどの場合、セッション中にレジスターと呼ばれる不随意(本人の意志に関わらない)な身体の動きが生じます。 まぶたやまつ毛、眼球、首筋、指が動く、呼吸の変化やお腹が鳴るなどの、あらゆる予期しない動きは、適切なスポットからエネルギーが流れ始めた証拠です。
    安心して、体が動きたいように動かせてあげてください。
  • セッション後も数日、場合によっては数ヶ月ヒーリングが続くことがあります。 セッション中よりも、終了後に変化や効果を実感される場合もありますので、しばらくの間はご自分自身を良く観察なさることをお勧めします。
  • どれだけ望むかにもよりますが、その時点で受ける方に必要で十分な効果を受け取ることができます。
  • 「期待を手放す」ということが大切です。期待どおりの結果が得られるとは限りません。過度な具体的な結果にこだわることは、ヒーリングの大きな妨げとなります。
    「期待すること」ではなく「必要なこと」が起こります。
    「期待すること」と「必要なこと」が同じだとは限りませんね。
  • リコネクティブヒーリングのセッションは、1つの課題に対して3回までが目安となっています。
  • 3回のセッションを受けて、明らかな変化や効果が感じられた場合に、もう少しでその課題が解消できそうだと感じられたときには、あと何回かのセッションを受けることは有益ですし、お勧めいたします。
  • リコネクティブヒーリングは、「3回受けたからもう全て大丈夫」というわけではありません。 その方にとって何が必要か、そしてそれをすべて受け取るには何回のセッションやどれぐらいの期間が必要なのかは、高次の知性、ハイヤーセルフ、宇宙が知っています。
  • 1回のセッションで十分な方もおられます。 要は、受けられる方次第です。プラクティショナーが、「あなたには何回のセッションが必要です」などと告げることは決してありません。

遠隔リコネクティブヒーリングのセッションについて

基本的な内容は、対面でのセッションと同様です。目を閉じてリラックスしてお受けください。 横になっても座っても、また明るさや温度なども、ご自身がいちばん楽な状態が望ましいです。

遠隔セッションの開始前と終了後に、メールまたはお電話でお知らせをいたします。

ご家族などへの遠隔ヒーリングについて

遠隔リコネクティブヒーリングの特徴として、受けられるご本人がセッションが何時から始まるか、さらにはヒーリングが行なわれることさえも、ご存じなくても大丈夫です。

ご本人のお名前やお写真は必要ありません。例えば、お母様が息子様のために遠隔ヒーリングを申し込まれた、という事実だけで宇宙は働きます。

ヒーリングの押し売りはありません。例えば、お母様が望むことではなく、息子様がその時点で必要なことを受け取られます。
つまり、ヒーリングを受けられるご本人にとって必要なことを、必要なだけ受け取られるということです。

セッションは、ご本人が何をされているときでも大丈夫です。お勉強でも、読書でも、お食事でも、また睡眠中でも結構です。
ただ、今までの私の経験では、ゆったりとリラックスされている時のほうが良いようです。

リコネクションとは

モルダバイト

リコネクションとは、リコネクティブ周波数を用いることによって、私たちと宇宙全体との本来の繋がりが分離される前の完全な状態に戻す、つまり再結合(リコネクト)することです。

リコネクションのセッションでは、アクシオトーナルラインと呼ばれる身体の経絡(メリディアン)と地球の格子線(グリッドライン)を再結合させます。

これにより新たなレベルの光や情報と交流ができるようになり、宇宙との完全な繋がりを取り戻します。

そして太古の昔に私たちが感じていた、すべての生命と深くつながっている、全体である、一体であるという感覚や、豊かさを感じ取れるようになります。

かつての完全な状態に戻り、私たちは再び進化のプロセスを歩み始めるのです。

アクシオトーナルライン : 身体の中を通る光と音の振動軸、あるいはベルトのようなもので、人のライトボディを強化する働きがあります。

一生に一度のリコネクションのセッションについて

リコネクションは連続して2回の「パーソナル・リコネクション」と呼ばれるセッションを受けることで完結する、一生に一度の貴重なものです。

セッション中は、目を閉じて約30~40分ベッドに横になって頂きます。 終了の合図など以外で、お体に手を触れることはありません。

リコネクティブヒーリングと同様、ただただ感じることを楽しんで下さい。 リコネクションのセッションが終わった後も、リコネクティブ周波数の働きは持続します。

  • 1回目と2回目のセッションの間に、最低でも一晩の睡眠を取る必要があります(寝ようとしたけど眠れなかった、という場合は除く)。
    同じ日に1回目と2回目を受けることはできません。
    逆に、三晩まで間隔を空けることができます。
    例)月曜日に1回目を受けた場合、2回目は火、水、木曜日に可能
  • 2回目が終了するまでは、他のエネルギーワークはお避け下さい。
    (リコネクションと他のワークの効果の見分けがつかなくなってしまいます)
  • リコネクションのセッション中にもヒーリングが起こることがあります。 また、リコネクティブヒーリングによって、ある程度のリコネクションも起こります。
  • リコネクションの最中にレジスター出ても、遠慮せずに体が動きたいように自由になさってください。
  • 事前にリコネクティブヒーリングを受けることによってリコネクティブ周波数に慣れることができますが、絶対に必要というわけではありません。 受けられる方が直感でお決めになるのがベストです。

リコネクティブヒーリングとリコネクションの違い

プレアデス

リコネクティブ周波数を用いるという点は共通ですが、一番大きな違いは目的です。 リコネクティブヒーリングの目的は、あくまでヒーリングです。 一方リコネクションの目的は、私たちの本質と宇宙の根源を再結合することです。 

その結果、魂の目的に沿った人生を歩み、恐怖に支配された日々から開放され、人生における様々な変化が加速されます。 例えば、変化を促すような出来事が続く、ある出来事からの学びがより深くなり、より多くのことを学んだり気づいたりできるようになる。 また、自分にとって大切な人と出会い、逆に不要な人間関係が解消される、などがあります。

セッション時間について

  • リコネクティブヒーリング 対面セッション 約60分
    事前ご説明:約10分、セッション:約30~40分、ヒアリング:約10分
  • リコネクティブヒーリング 遠隔セッション 約30~40分
    セッション前後のご説明やヒアリングは、ご希望に応じて電話又はメールにて行ないます。
  • リコネクション 対面セッション
    事前ご説明:約10分、セッション:約40分、ヒアリング:約10分

新しい資格(タイトル)について

リコネクション米国本部は2014年5月、安心してリコネクティブヒーリング、リコネクションを受けていただけるプラクティショナーを選ぶ基準として、下記の2つの資格を新設しまた。
リコネクティブヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー(RHFP)
リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー(RCP)

(プラクティショナー=実践者/施術者)

日本では2015年2月27日~3月3日、初めて新しいプログラムによるRHFPレベル1/2の東京セミナーが開催されました。

私も東京セミナーを再受講し、新しい資格のRHFPに更新いたしました。

画像の説明

その後、2015年5月9日にクリデンシャリング(資格再認定)という試験に合格し、正確で完璧な実技ができていることを認定され、新しいリコネクションの資格リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー(RCP)(有効期限2年)に更新しました。

これにより、リコネクティブヒーリング/リコネクションともに新資格に更新が完了しています。

ちなみに、リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー(RCP東京セミナーは、2015年9月20(日)21(月)の2日間で開催されました。

リコネクティブヒーリング/リコネクションの新資格については、リコネクションⓇジャパンに詳しく説明されています。
新タイトルの意義
安心してリコネクション®を受けるには

公認プラクティショナーとは

認定証

注)公認/認定プラクティショナーの制度は、2015年 リコネクティブヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー(RHFP)リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー RCP の新設に伴い終了しました。

宿泊チケットについて

大阪市内のホテルの無料宿泊チケットがございます。2日間に渡るリコネクションをご希望で宿泊が必要な方は、ご遠慮なくお申し出ください。

体の反応の一例

リコネクション07

右の写真は、リコネクション2日目の私の右親指です。 痛みが無かったのですぐには気付きませんでしたが、火傷のような水ぶくれができています。 「リコネクション」に、エリック氏にリコネクティブ周波数が流れ始めた頃に両手にできた水ぶくれの様子が書かれています。
私にリコネクションを施術してくれたTAに話したところ、彼女も人差し指から親指にかけて水ぶくれができたそうです。

YouTubeより

イスラエルのTV番組 : 英語、ヘブライ語ですがこれは必見です
リコネクティブ周波数に反応している人の様子が、映像でとてもよくわかりますよ。

リコネクティブヒーリングのヒーリングストーリー:稲本美智子さんの体験談

The Reconnectionのお勧め本リストより

MERKABAH VOYAGE OF A STAR SEED

MERKABAH : Voyage Of a Star Seed
エリック氏の著書のP77にある「知識の書:エノクの鍵」
(J.J.ハータック著)のエッセンスを映像化したビデオで、
CGを駆使したとても美しい映像です。
本は非常に難解ですが、映像で見るとイメージしやすいです。
私は2000年に日本語版を入手しましたが、現在は入手不可です。
ご希望の方にはお貸ししますので、特にリコネクションの1日目を終えた後にご覧になることをお勧めします。
★先日見た最新版のDVDは、映像やストーリーなどが新しくなっていました。



リコネクション関連図書
「リコネクション ー 人を癒し、自分を癒す」ナチュラルスピリット刊の古書をお求めの場合は、2011年11月11日発行の第8刷以降がおススメです。

(この下はアマゾンのシステムを利用しているため、ブラウザの設定によってはうまく表示されない場合があります)

a:22273 t:1 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional