インド製チューニングフォークなどのこと

IMG_2809

先日のチューニングフォーク(音叉)の講習で使ったオームの136.1hzのウェイト付きのタイプが、ハンドルが短くて使いづらいなと思って調べてみたら、長いのが見つかりました。

写真のなかの、上から2つめです。

その他にも講習では528hzの通常の音叉と、チャイムバーと呼ばれるアルミのロッドタイプのものも使ったのですが、同じインドのデリーの業者さんが扱っていました。

モノが確かなのかわかりませんが、日本で買う半額以下だったので思い切って注文しました!

そして数日後に無事に到着。

音を測ってみると、3つとも誤差は+0.5ヘルツほどと、全く問題なしで一安心です。かえって、以前から持っているアメリカのBioSonic製のクリスタルチューナーの方が、誤差が大きい!

ウェイト付きのタイプは、やっぱりハンドルが長い方が扱いやすいです。

とにかく当分は手になじむまで使い倒します!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is 95 + 33 ?
Please leave these two fields as-is:
IMPORTANT! To be able to proceed, you need to solve the following simple math (so we know that you are a human) :-)