本当の問題はどこにあるのか

リコネクション、リコネクティブヒーリングでは、セッション前には受けられる方の

具体的な問題やご希望をお聞きすることはありません。

受けられる方に関して、施術させていただく側の私が先入観を持たないためです。

ですが、セッション後のヒアリングの時間に、様々な具体的なことをお話される方もおられます。

とはいえ、そのことによって次のセッションで、

私が影響を受けたり先入観を持ってしまったりすることはありません。

それは、ヒプノセラピーでの経験があるからです。

 

ヒプノセラピー(催眠療法)では、セッション前に現在の問題だけでなく

事細かく様々なことをお聞きします。

家族構成や、子供のころに何と呼ばれていたか(私は「ケイチャン」と呼ばれていました)、

また特に気になる家族や身近な方(私の場合は父でした)がおられるかなどなど。

後は、身体的な不具合や不調についてもお聞きします。

その上で、その日のセッションをどういう風に進めていくかを、

受けられる方が納得の行くまで話し合います。

ですが、そのような事前の準備にもかかわらず、いざセラピーを始めてみると、

全く予想もしなかったような展開になることがあります。

退行催眠に慣れるために、

「子供のころの、一番楽しかった出来事を思い出してください」

と誘導しても、いきなり辛くて苦しかった場面を思い出される方もおられます。

私の個人的な見解ですが、そういう方は例え辛くとも、

既にご自身の問題を直視する準備ができているのだと思います。

逆に、肝心なところで、問題と直面することを上手に避けられる方もおられます。

良いとか悪いとか言う問題では全くないのですが、

潜在意識はそういう仕組みになっているということなのだと思います。

本人が解決したいと思っていることの原因が、

必ずしも今の時点で思い当たることにあるとは限らないのでしょうね。

 

セラピーでもヒーリングでも、本人が気付いているかどうかに関わらず、

「今の自分にとって、最初に解決すべきことは何か」

ということが大切なのではないでしょうか。

そしてそれは、表面的にはなかなかわからないことなのでしょうね。

それを解明できるのが、ヒプノセラピーであり、リコネクティブヒーリングなのだと、

私は感じています。

 

 

セラピー&ヒーリング トリニティ 大阪 ~リコネクション*リコネクティブヒーリング*ヒプノセラピー*クリスタルボウル~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ロズ子 c-jp より:

    おはようございます!

    「解決したいと思っていることの原因が、必ずしも今の時点で思い当たることにあるとは限らない」

    というところに考えさせられています。

    今の私にとって最初に解決すべきこと、それについては私の場合、やっぱり潜在意識がブロックしていそうに思います(←勘。)

    「直視すると自分が傷ついてしまう」という恐れが根底にあるのでしょうか。(しみじみ。)

  2. ロズ子 c-jp より:

    でもそれはやっぱり解放したいかも。

    ですね!

  3. Keiichiro Maino c-jp より:

    ロズ子さん、こんにちは。

    解放するタイミングということもあるでしょうが、

    やっぱり決意、覚悟、実践などが重要なのだと思います。

    あとは、自分が解放したり癒されたりすることを自分に対して許せているか、

    また受け入れることができるかも大切ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is 32 + 38 ?
Please leave these two fields as-is:
IMPORTANT! To be able to proceed, you need to solve the following simple math (so we know that you are a human) :-)