クリスタルボウルの浄化・光触媒加工

先日思い立って、クリスタルボウルを水洗い・浄化しました。

クリスタルボウルは名前通り水晶でできているので、やはり浄化をする必要があります。

ただサイズや重さの問題があるので、そう頻繁に水洗いはできません。普段はクリスタルの浄化でおなじみのホワイトセージを使っています。

IMG_2867

うちのチャクラセットはハイハートのF#を含めて8個なのですが、割れないように気を使いながら丁寧にやったので、全部が終わったころには3時間近く経っていました。

ひとつ後悔したのは、あまり深く考えずに小さいクリボウから始めたせいで、最後に残った16、18インチに取り掛かるころにはもうかなり疲れてしまっていたことです。大きくて重いので一番気を使わないといけないのに。

やはり何事もきつい、しんどいことから先に片付けないといけないですね。

もともとそれほど汚れていたわけではないのですが、洗い終わって乾くと透明感のある白い光を放って輝いているように見えます。

そして仕上げに、クリボウの内側に生体融合型の光触媒を吹き付けて終わりました。

次の日、約1ヶ月ぶりに来られたお客さんが「前回とは部屋の雰囲気がぜんぜん違う」と仰って驚いていました。わかる人にはわかるんですよね。もちろん前回が良くなかったわけではないんですけど。

まあ、あんなに大きなクリスタルの塊がいくつも浄化されて、しかも光触媒になったのですから、違って当然といえば当然ですが、おかげさまでお客さんのその一言で前日の疲れが吹っ飛んでしまいました。

肝心の音の方は、いつもより力を抜いて優しく演奏しても十分な音量が得られ、しかも澄んだ音色が良く広がります。身体に伝わるバイブレーションは、細かいながらも力強く感じられるようになりました。

水と光に感謝です。

セラピー&ヒーリング トリニティ 大阪 ~リコネクション*リコネクティブヒーリング*ヒプノセラピー*クリスタルボウル~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is 85 + 66 ?
Please leave these two fields as-is:
IMPORTANT! To be able to proceed, you need to solve the following simple math (so we know that you are a human) :-)